不倫の孔に堕ちました

ひょんなことから不倫の孔に落ちた私。 それから抜け出せなくなりました。 今はひとりの人と長く付き合ってます。

私は不倫の孔に堕ちました。
堕ちてから孔から抜け出せなくなりました。
不倫の孔は幸せの孔なのか、地獄の孔なのか、、、。

愛情のない男には時間もお金ももったいない

私の誕生日が近い。


ケッキはフレンチに連れて行ってくれるらしい。


不器用なケッキがフレンチレストランを探してくれるなんて、、、、と私は大喜びし、ケッキに何度もありがとうと言った。


私の目はハートになっているだろう。


一方、クマさんもカシも誕生日を祝いたいと言ってきた。


これは、かなり私の気分を盛り下げる。

クマさんから渡された誕生日プレゼントのピアスとブレスレットは、「これいくらなんですかね、、、。」とドン引きするくらいキラキラしていて返したい気分だし、当日は超高級なところに連れて行かれて料理だけじゃなく私も美味しく食べられてしまいそうだ。


一方、久しぶりに会いたいと懇願するカシは割り勘主義だから、私の誕生日にフレンチを食べに行ってももちろん割り勘で、実用的な安いプレゼントを貰った後、なんとなく身体の関係を迫られて断るのが大変そうだ。


とにかく愛情のない男には時間もお金もかけたくないし、もちろん自分の身体の安売りなどお断りだ。


男性のように「仕事が忙しい、あー忙しい」っていう常套句が使えたらいいのに、、、、、無職の私には使えないなぁ。

バレンタインギフトは何にする?

毎日のようにスタバに行く私。

もうすでに店内はバレンタイン一色だ。


そして今日、私は

(あーこれは、バレンタインギフトに最適❤️)

と思って購入したものはこちら。



「スターバックスカード to you」と「スターバックスカード from me」だ。


女性用のカードと男性用のカードを並べると、カップのロゴがハートになるところが可愛くて即買いした。


だってスタバのバレンタイングッズ、すぐ売り切れちゃうしね。


女性用のカードは自分用に、男性用のカードは主人とケッキと、、、、さて何枚買ったでしょう(笑)

カシとのその後

カシと円満に別れることに失敗した私は、その後適当にカシと付き合っている。


カシと会うことは最少限にし、しかしカシを激昂させないように電話だけはするという付き合い方で。


カシは私が従順に電話をすることに安心したようだ。

「ミィが安定してくれて嬉しい。」

と何度も言った。


私は、

(いやいや、私、ケッキとどっぷり恋愛してます。)

と心の中だけでつぶやく。


あーあ、自分で蒔いた種。


不倫という弱みを握られて捨身のカシに強くは出られずにカシをだまし、もちろん主人もだまし、それでも恋愛至上主義のように愛するケッキと抱き合わずにはいられない私は一体どこへ向かおうとしているんだろう。


家族を愛することと女性として愛を育むことの両立の難しさは最初に学校で教えるべきじゃないかな。


純愛っていうなら離婚しなさいよなんてナンセンスなことは言わないで。