不倫の孔に堕ちました

ひょんなことから不倫の孔に落ちた私。 それから抜け出せなくなりました。 今はひとりの人と長く付き合ってます。

私は不倫の孔に堕ちました。
堕ちてから孔から抜け出せなくなりました。
不倫の孔は幸せの孔なのか、地獄の孔なのか、、、。

可愛い格好をして

身体を動かすのが好きなカシは、草野球チームに入っている。


5月に入って、草野球のシーズンがやってきた。

カシは毎週のように早朝野球をしている。

今週の日曜日は、草野球チームが集まってトーナメント戦が行われるらしい。

ーーーーー

カシ「ミィ、今週末は野球の試合なんだよ。」


ミィ「そうなの?カシはどこを守るの?」


カシ「ピッチャーか外野かなぁ。」


ミィ「へぇ、、、カシが野球してるところ観てみたい❤️」


カシ「いいよ、ミィ、観においで。」


ミィ「えっ、、、そんな駄目でしょう?」


カシ「大丈夫だよ、観戦してる人がたくさんいるし、そんなのわからないよ。おいで、ミィ。」


ミィ「うん、、、、じゃあ行く!!!。」

ーーーーー


カシは、不倫男性だったら通常嫌がるようなリスクの高い行為も、私にさせてくれる。


まるで普通の恋人同士のように。


そんなカシにいつも感謝して、「このまま幸せな時間が続きますように」と神様にお願いをする。


野球場で遠くからカシが私を見つけた時に、「やっぱりミィは可愛いよな。」と心の中で思ってもらえるように、可愛い格好をして行こう。


周りに浮かないように気をつけながら、それでもいい女っぷりがカシだけにわかるような、そんな格好をして行こう。


そうすれば、きっとずーっとカシは私を大切にしてくれる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。