不倫の孔に堕ちました

ひょんなことから不倫の孔に落ちた私。 それから抜け出せなくなりました。 今はひとりの人と長く付き合ってます。

私は不倫の孔に堕ちました。
堕ちてから孔から抜け出せなくなりました。
不倫の孔は幸せの孔なのか、地獄の孔なのか、、、。

クマさんさようなら

私はクマさんに割く時間がなくなってきている。


カシと元カレ対応で精一杯。


毎日子どもの横に座って勉強を教える母親をこなし、主人に夜のつまみを作って出す妻を演じ、事務所で所長の隣で部下を演じなければいけない。その上、ヨガにエステ、ネイルに、、、24時間じゃ全然足りない。


誰もが羨むフレンチを食べても沢山のお金を貰っても、クマさんには何にも心が動かない自分に気がついた。


ーーーーー

ミィ「クマさん、ごめんなさい。私、クマさんを男性としてどうしてもみることができないの、どうしても、、、。」


クマ「なぜ????男にとって憧れの女性像の最高峰がディズニー映画のシンデレラ姫だとしたら、まさしくそのシンデレラ姫に出会ったくらい、姫に憧れてしまったんだよ。」


ミィ「・・・。」


クマ「姫と今以上に心を通わせることが出来たなら、僕はどれだけでも姫に尽くしていきたいと考えているんだよ。」


ミィ「・・・。」


クマ「姫が望むなら離婚するつもりだ。金さえ積めば、妻は離婚するはずだ。」


クマさんは、わかっていない。

努力で得られるものと得られないものがあることを。


高学歴の人ほど、努力をすれば人の心まで得られると過信してる。


人の心は努力をしても絶対に得られない。

諦めるしかないのだ。


ごめんなさい、クマさん。

本当に。

私には時間がない。


心を鬼にして、私はクマさんとのプラトニックの関係を終わらせた。


この決断がクマさんを追い詰めて、大変な事態を引き起こしたのである。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。