不倫の孔に堕ちました

ひょんなことから不倫の孔に落ちた私。 それから抜け出せなくなりました。 今はひとりの人と長く付き合ってます。

私は不倫の孔に堕ちました。
堕ちてから孔から抜け出せなくなりました。
不倫の孔は幸せの孔なのか、地獄の孔なのか、、、。

カシとの別れの準備

2ヶ月ぶりにカシとしたセックスはあっさりしたものだった。


私はカシとのセックスを少し拒んだが、カシは「我慢できない。」と言った。


そんな我慢できないほどのセックスは、私を全部脱がさずに陰部への愛撫をメインに行うもので、セックス途中に私は

(我慢できないセックスがこれね、、、。)

と白けた。


おざなりのセックスと、熱量の低い関係。

元彼との恋愛にどっぷりと浸かっている私は、カシとの時間を極力少なくしており、次に会う予定さえも決まっていない。


ラインも最小限、電話も最小限、会うのも最小限、、、そんな私の熱量に合わせるのも限界があるのか、カシは時々電話したいと言ってくる。

ーーーーーー

カシと私の歯車は、カシが起こしたサイト事件をきっかけに噛み合わなくなった。


サイト事件のことでカシを恨んでなどいない。


ただ、もしカシが私と本当に一緒にいたいのなら、少し下がった私の熱量を取り戻すべく努力すべきではないか。


私がサイト事件を許す代わりに出した交換条件、それは1年間で100回私に「愛してる。」ということ。


しかし、サイト事件から2ヶ月ほど経つ今、まだ14回しか達成できていない。


この交換条件は、カシの愛情を試すもの。

カシに対して

「本当に私を愛しているかもう一度教えてほしい。」

という心の叫び。


カシのように人の熱量に合わせてスマートな恋愛をしても、離れていく心は取り戻せない。


私は、カシに別れをつげる精神的な準備が整ったようだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。