不倫の孔に堕ちました

ひょんなことから不倫の孔に落ちた私。 それから抜け出せなくなりました。 今はひとりの人と長く付き合ってます。

私は不倫の孔に堕ちました。
堕ちてから孔から抜け出せなくなりました。
不倫の孔は幸せの孔なのか、地獄の孔なのか、、、。

女性は奢られるべきなのか

先日、子ども達のカットをお願いしているバツイチ美容師50代北美さんと私、カシ、カシの友人の50代独身男性シダさんと飲むことになった。
バツイチ美容師北美さんから独身男性を紹介してほしいと私がお願いされていたものの、長い間実現していなかった飲み会である。


この飲み会で私が一番驚いたこと。
それは、北美さんが男性が多めに出すことは当たり前だと思っており、最後、私が男性陣を含めて全員を割り勘にしたことに大変ご立腹だったことだ。


北美「あの男性陣はスマートじゃないわ。割り勘だなんて気を遣わなすぎる。」


あー、しまった。割り勘にしたのは私だ。
私は友人同士での飲み会においては基本割り勘だと勝手に思っており、だから何も考えずに割り勘にしてしまった。


ただ今考えてもなぜ男性陣が多めに出さないといけないのかわからない。


例えば、恋愛における50代の素敵な独身女性と50代の素敵な独身男性、どちらが市場価値が高いのか。
それは絶対に50代の素敵な独身男性のほうが市場価値が高くないだろうか?


実際、50代北美さんの合コン相手を見つけるのは大変だった。紹介できるほどの素敵な50代独身男性が見つからなかったのだ。


ーーーーーー


私が北美さんだったら、10ほど下のヨシと私に気を遣って「私達、今回の合コンを企画してくれた後輩に少し奢ってあげません?」ってスマートにシダさんに言うかもしれない。


男性に「女は若いほうがいいよな。太って抱く気が失せるし、ふてぶてしくなって可愛げがなくなるしな。」なんて言われるのは癪に障る。


歳をとったほうが女性も経験値を積んで魅力的になることをみんなに見せつけてやらないと。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。