不倫の孔に堕ちました

ひょんなことから不倫の孔に落ちた私。 それから抜け出せなくなりました。 今はひとりの人と長く付き合ってます。

私は不倫の孔に堕ちました。
堕ちてから孔から抜け出せなくなりました。
不倫の孔は幸せの孔なのか、地獄の孔なのか、、、。

セックスはやっぱり愛する人とだけ

焼け木杭に火がついた元彼と私はセックス三昧だ。

会えば朝から晩まで抱き合っている。


30分ほど学生とのディスカッションのために大学に戻るという元彼を全裸に毛布を巻きつけただけの状態で送り出し、その後全裸のままさっきセックスをしたベットに横になって仮眠をとり、元彼が1時間ほどで帰ってくるとまたそのまま抱き合ってセックスをするという、、、、発情期の猿状態である。


今まさに元彼にメロメロな私はそれはそれは幸せな時間だ。


そんな私がカシとセックスができるわけがない。

そもそもカシとは全て割り勘の私。

カシとセックスするにはホテル代を半額払わなければならない。


ホテル代など1円も出したくないし、時間も費やしたくない、、、そんな気持ちの私は「カシといつのまにか友達になってる戦法」を繰り広げている。


ーーーーーー

ミィ「子ども逹が不倫のこと気が付き始めているし、安易にラブホテルに入りたくないの。」


カシ「そんな、そこまで気にする必要ある?」


ミィ「うーん、注意するに越したことはないし、、、。」


カシ「・・・。」


ミィ「でも、そもそもカシはそれほど性欲強くないんじゃない?」


カシ「そんなことないよ。」


ミィ「でも、1週間に1度会ってるのに2ヶ月セックスしないこともあって、カシはあまり性欲がないんだなぁって思ってた。」


カシ「それはタイミングが合わなかったけだよ。今度、夜に誘おうと思ってたんだ。」


ミィ「いいよいいよ、無理しないで。子ども逹にばれそうな時に無理してホテル入る必要ないじゃない?」


カシ「でもイチャイチャしたい。」


ミィ「私もカシが性欲が強い人なら無理してでもホテルに入ろうと思うけど、そもそも2ヶ月空いても気にならないんだから、数ヶ月くらいなんでもないでしょう?」


ミィ「我慢です、我慢。」


カシ「・・・。」

ーーーーーー


こうやって、カシとのセックスをかわし、緩やかに友だちへ移行する。

そしていつのまにかカシに彼女ができたら万々歳だ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。