不倫の孔に堕ちました

ひょんなことから不倫の孔に落ちた私。 それから抜け出せなくなりました。 今はひとりの人と長く付き合ってます。

私は不倫の孔に堕ちました。
堕ちてから孔から抜け出せなくなりました。
不倫の孔は幸せの孔なのか、地獄の孔なのか、、、。

正夢

カシと一緒に演奏会を鑑賞した帰り、カシは突然私にこう切り出した。


カシ「俺ね、正夢見るんだよね。1年に数回しか夢を覚えていることないんだけどさ、起きた時にこの夢正夢だなぁって思う夢があるんだ。」


ミィ「え?そうなの???」


カシ「そう、、、昔、競馬で当たる夢見たことあってね、その後、その通りの馬券を買ってみたら当たったこともあるし。」


ミィ「えー、すごい!!!!」


カシ「それでさ、俺、中学生の時にベットでショートカットの女の子と抱き合って愛し合う夢見たんだよね。」


ミィ「うん、、、、。」


カシ「それから20歳くらいまでその夢のことは覚えてて、いつその女の子に出会うのかなぁって思ってたけど、全然出会わなくて、結局今まで忘れてたんだけど。」


ミィ「・・・」


カシ「昨日、その夢のことを思い出して、あの女の子はミィだってわかったんだよね。」


私はその後、本当に照れくさくて、カシのそんな告白をおどけた感じでかわしてしまった。


私は、どんなに頭がお花畑であっても、私がカシの運命の人だなんて思ったことは一度もない。


でもカシと私は離れられない運命なのかもしれない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。