不倫の孔に堕ちました

ひょんなことから不倫の孔に落ちた私。 それから抜け出せなくなりました。 今はひとりの人と長く付き合ってます。

私は不倫の孔に堕ちました。
堕ちてから孔から抜け出せなくなりました。
不倫の孔は幸せの孔なのか、地獄の孔なのか、、、。

第3の男

前々から私に好意をもつ第3の男がいた。
不動産を営むお金持ちのおじさんである。


そんなお金持ちのクマさんにしつこく誘われて、渋々高級レストランに何度か一緒に行ったことがある。
美味しいものをタダで食べさせてくれるのは嬉しいが、自分の時間が惜しく、クマさんからのお誘いはほとんどお断りしていた。


そんなクマさんと仕事上関係があり、久しぶりにお食事をすることになった。


クマさんはいつも通り、
「今日もミィさんは本当に綺麗だ。」、「このレストランの中でミィさんが一番光り輝いてる。」等、周りが好奇の目で見るような発言を繰り返し、私を赤面させた。


(男の人って最初はこうなんだよなぁ、、、カシだって私に「ミィと付き合っていることを周りに自慢したい。」だの「お互い独身だったら俺に見向きもしないでしょう?」だの言ってたもんなぁ、、、、。)


と考えながら、ふとクマさんに言った。


ミィ「ねぇ、クマさん。あのマンションの一室買ってください、私に。」


クマさん「えっ?どのマンション?」


ミィ「最近建ったあのマンション。」


昨日、皮膚科の帰りに横を通った重厚なマンション。そのマンションの前には大きな公園が広がり、部屋から市内を一望できるだろうなぁなんて思って眺めたあのマンション。


クマさん「買ったら俺の彼女になってくれるの?」


ミィ「どうかなぁ?まあ、でもマンションの中で一番いいお部屋を一部屋クマさんにあげますよ。」


クマさんは、俺が買うのにミィさんから一部屋もらわないといけないのか、、、と笑った。


クマさん「・・・ミィさんに買ってあげてもいい。」


ミィ「・・・。」


ミィ「・・・またご冗談を。」


ミィ「男の人は本当に愚かですね。女性を手に入れようと思ったら、マンションでも買おうと思うんだから、、、。」


手に入れたらカシのように興味を失うくせに、、、、と言おうと思ってやめた。


クマさん「でも男性の活力はその愚かさからきてるんだよ。女性がいて、愚かな男性がいて、それで世の中が成り立つんだ。」


なるほど、、、その通りかもしれないなぁと思って、クマさんの顔を眺めた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。