不倫の孔に堕ちました

ひょんなことから不倫の孔に落ちた私。 それから抜け出せなくなりました。 今はひとりの人と長く付き合ってます。

私は不倫の孔に堕ちました。
堕ちてから孔から抜け出せなくなりました。
不倫の孔は幸せの孔なのか、地獄の孔なのか、、、。

旅行に行かないと駄々をこねる

カシと私、付き合って初めて2泊3日の旅行に出かける。


「ミィに京都で川床のディナーを食べさせてあげたい。」


とカシが言ってくれて、京都旅行になった。


しかしながら、なかなか京都の宿が決まらない。


お互い忙しく、さらに私の主人が夏休みで単身赴任先から帰ってきていることから、話し合う時間がなくなって、結局、旅行の2週間前になってしまった。


私はグズグズの気分。


(2週間前なのに宿も決まらないなんてカシは私のこと適当でいいって思ってるんだわ、、、、)
(昔は、飲みに行くってなったら、何軒ものレストランリストを出してくれたのに、、、私のこと飽きたんだわ、、、、)


↑ はい、自分でもわがままであることわかっています、お前が率先して宿を決めろっていう話ですよね(笑)


わかっていてもカシにすぐグズグズ言う私。
ーーーーーー
ミィ「宿が決まらないんだったら、私、もう旅行に行きたくない。。。。」


ミィ「そんなバタバタして行っても意味ないもん。。。。。」


カシ「!!!!!。」


カシ「なに急にそんなこと言って!!!」


カシ「もう家族にも旅行のこと言ってアリバイ作りしたのに。。。」
ーーーーーー
カシは少し怒っていて。
カシの堪忍袋の緒がほつれてきてるのが私でもわかる。


2日程度、冷戦状態で口をきかない私達。


最後はカシが私を諭すように言った。
「ミィ、1泊の旅行はしたことがあっても2泊の旅行はしたことがないよね、俺たち。」
「宿なんか決まらなくても一緒にいることが重要なんだよ。」


カシさん、ごめんなさい。
カシが優しいからすぐにわがままを言いたくなります。

緊縛ショーはちょっとガッカリ

第3の男、クマさんと緊縛ショーへ。


一体どんなショーなんだろうかとドキドキしたが、文字通り女性または男性が縛られて吊るされるという内容がメインで、その他、女性の上半身が裸だったり、女性のパンツが見えたり、吊るされた女性や男性が鞭で打たれたり、蝋燭を垂らされたり、、、。


人間を天井から吊り下げても問題がない時間は10分程度と限られているため、何人もの縄師が出てきて次々と縛っては解き、舞台から降りていくといった感じだった。


最初は縄師のアマチュア軍団が洋服を着ているパートナーを縛り、徐々に後半になるにつれてプロの縄師が登場しパンツのみ着用したパートナーを縛るといった構成だった。


緊縛ショー。


私が一番がっかりしたことは、、、、アマチュア軍団のパートナーがそれほど可愛くないことだった。


というのは、縛られると洋服を着ていてもボディラインがはっきりとわかってしまい、そして、縛られて吊られるため、脚がM字開脚的な感じになってしまいパンツが丸見えになってしまう。


なんとなく素人のセックスを覗き見している気持ちになるそんな性的なショー。


なのにも関わらず、縛られる女性は小太りの人が多く、すごくすごく残念な気持ちになった。


格好を気にして綺麗なお洋服で来た私が馬鹿みたいだ。


ーーーーー

クマ「姫、どう?」


ミィ「うーん、Mの女性は小太りの方が多いのかしら?」


クマ「いつも姫は厳しいなぁ、、、。」


ミィ「だって、、、人を魅了するためのショーなのに私ガッカリしちゃった、、、綺麗なもの観にきたつもりだったのに、、、。クマさんは観てて楽しいの?」


クマ「縛られてる女性のM性が見えると面白いよ。」


ミィ「そう、、、私にはきっとSMの見方がよくわからないんだわ。」


クマ「・・・。」


クマ「俺と本場のショーを観に行こうか?」


クマ「姫が行くなら飛行機のチケットとショーのチケット取っとくよ。」


もう、、、、クマさんは足るを知らないんだから。

どこのうちの子かわかんなくなってきた

カシと付き合って1年が過ぎ、喧嘩をしたり愛し合ったりするうち、私にとってカシは大切な大切な人になった。


こらえ性のない私、いつもなら彼氏をとっかえひっかえする人間。

でもどうしてもカシとは別れられない、カシが好き、、、と思うようになっていた。


そんな時、カシとお茶をしてると、カシがポツリと私に言った。


カシ「・・・俺、どこの家の子かわかんなくなったわ。」


ミィ「えっ?どういうこと???」


カシ「俺ね、家に帰るとさ、なんだか最近、仮宿に帰っている気がするんだよね。」


カシ「・・・まるで自分の家じゃないような気分になる。」


ミィ「・・・。」


私は突然のカシの告白になんと答えたらいいのかわからず曖昧に頷いて話をそらしてしまった。


でも、もしもう一度カシがその話をしたら、今度ははっきり言おう。


「カシは私のうちの子。私の大切な大切な人なの。」