不倫の孔に堕ちました

ひょんなことから不倫の孔に落ちた私。 それから抜け出せなくなりました。 今はひとりの人と長く付き合ってます。

私は不倫の孔に堕ちました。
堕ちてから孔から抜け出せなくなりました。
不倫の孔は幸せの孔なのか、地獄の孔なのか、、、。

お金の使い方を知らないクマさん

ストーカークマさんとのランチは続いている。


2週間に1度、お昼1時間だけのランチ。


最近、クマさんは不動産で何千万と儲けたようで、「ミィさんのおかげだよ。」と勝手に私のおかげにして、クリスマスプレゼントをあげたいという。


(すぐお金で釣ろうとするんだから、、、。)


と思いながら断る理由を探していた。


クマ「儲けたから100万くらいあげようか。その代わり、俺の彼女になって。そうすれば、100万だけでなくミィさんがいつも使っている美容にかかるお金を毎月振り込んでもいい。俺のために綺麗になってくれてるってことだからね。」


ミィ「・・・全く・・・クマさんはお金を出せば女性でもなんでも手に入るって思ってるのか、お金を出すことでしか女性にアピールできないのか・・・。」


と思わず呟いてしまった。


クマ「僕はお金目当ての女性は嫌いなんだ。」


ミィ「私は、お金で手に入るって思われてること自体が自分がモノ扱いされてるようで不快、、、。」


クマ「・・・。」


雰囲気を悪くしてしまった私。


ふとクマさんの鞄を見た。

クマさんは持ち手がぼろぼろになった鞄を大切そうに使っている。


ミィ「クマさんほどお金持ちがなぜそんな持ち手がぼろぼろの鞄を持っているんです?」


クマ「この鞄は、前ポケット2つが大きくて大きな財布が入るから気に入っているんだ。同じような鞄を探してるんだけど、見つからない。」


ミィ「・・・。」


ミィ「クマさん、私のクリスマスプレゼント代で鞄を買って。クマさんほどのお金持ちがそんな鞄を持っていたら運を逃がす。」


私は、クマさんに合うカバンメーカーをピックアップして、即買いに行くようにお願いした。


クマさんはお金を使うことを知らない。

頭が良く真面目で一緒懸命好きな不動産の仕事をした結果、一代で何千万も稼ぐようになってしまった男だ。


お金は私も欲しい。

そして100万なんて私が使えばすぐになくなる。


でも純粋なクマさんを前にすると、一回り以上歳上のクマさんに母性本能が働いて、「そんな私をお金で買おうとしないで」と聖母のような私が出てくるのだ。

セックスの時の写真

1年前の元彼であり、復縁して現在の彼氏であるケッキ。


セックスの途中で私の写真を勝手に撮ることがある。
気分が高まって思わずケッキと繋がった状態の私の姿を。私がケッキのものをくわえている姿を。


私は行為中の写真を撮らせたことは今まで一度もない。
行為中に「撮ってもいいか」と聞かれたことは何度かあるが、全て断っていた。


でもケッキは私が断る暇もなく勝手に私の写真を撮ってしまうのだ。
そして、次の日「いけない行為をしてしまった。写真は全て捨てたから。」と私に謝ってくる。


(本当にケッキは私の写真を捨てているのかしら、、、、。)


疑っている私。
ケッキは復縁してからというもの、自宅で私の顔写真をパソコンの背景画像としているくらい私に入れ込んでいる。
そんなケッキが私の貴重なセックス写真を捨てるわけがない。


恐れているのは別れた時のリベンジポルノ。


みんなはセックス中の写真はどうしているのだろうか。



姉妹の確執

姉と私は家庭の問題により大きな大きな言い争いをした。
こんな言い争いはしたことがない。
姉と私は本当に仲の良い姉妹だったからだ。


最後、私は姉に言った。
「この話し合いは、言った言わないの水掛け論になっていて絶対に収束しない。この話し合いを収束するただひとつの方法は、お互い思いやりをもつこと。」


姉はそんな私の目線を避けるように
「ミィに思いやりなんてもてない。」
とつぶやいた。


私はため息をついて、
「思いやりがもてないなら、この話し合いはする意味がない。ただお互いの傷を深くするだけ。時間が解決するかもしれないし、時間は解決しないかもしれない。」
とその場から去った。
ーーーーー
その後、小学生の娘が私の様子がおかしいことに気がついて私に話しかけてきた。
娘「ママ、どうしたの?さっきから何度もママに質問してるけど、ぼーっとしてひとつもママは答えられてない。」


ミィ「・・・ママはひとりになってしまったかもしれないの。両親が亡くなって血を分けた姉とも喧嘩をして、ママは孤独になった。」


そう言った私に娘がすぐさまこう言った。


ミィ「ママ、私がいるじゃん!!!」
ーーーーー
私を元気づけるために、元彼が言った言葉。
「ミィ、今度は俺がミィの心の支えになるよ。」
カシが私に言った言葉。
「元気出して。俺はミィのそばにずっといる。」
そして主人が私に言った言葉。
「おまえ、心配するな。」


どの言葉よりも、娘の言葉が一番私を感動させ、そしてパワハラ系の主人の言葉が元彼やカシの言葉よりも私を安心させた。


きっと私はわかっているのだ。
元彼やカシの言葉は私を甘美な世界へ連れていくけれど、表面的で、実際に信じて頼ってしまえば崩れ去ってしまうそういう関係であること。


恋愛ごっこであることを忘れてはいけない。