不倫の孔に堕ちました

ひょんなことから不倫の孔に落ちた私。 それから抜け出せなくなりました。 今はひとりの人と長く付き合ってます。

私は不倫の孔に堕ちました。
堕ちてから孔から抜け出せなくなりました。
不倫の孔は幸せの孔なのか、地獄の孔なのか、、、。

スルメのようなカシ

カシはスルメのようだ。


噛めば噛むほど味が出る。


私は研究者の男と別れてカシと付き合った当初、カシが研究者の男の代わりには絶対になれない、絶対に研究者の男を忘れるのは無理だと感じた。


でもカシは「3ヶ月だけ俺にちょうだい。絶対に忘れさせてあげる。何もしないで諦めるの嫌なんだ。」

と言った。


今まで付き合ってきた男にしてきたように、カシの奥様を尊重し奥様を第1優先として私が何も言えないでいると、「ミィは我慢しなくていい、ミィは俺に主張する権利があるんだから」と言った。


優しくジェントルマンでそれでいて譲らない男らしいカシをどんどん好きになって、研究者の男を思い出さない私がいた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。