不倫の孔に堕ちました

ひょんなことから不倫の孔に落ちた私。 それから抜け出せなくなりました。 今はひとりの人と長く付き合ってます。

私は不倫の孔に堕ちました。
堕ちてから孔から抜け出せなくなりました。
不倫の孔は幸せの孔なのか、地獄の孔なのか、、、。

隠れ肉食系

カシは結婚したい女性にとても人気のある職種についている。
だから結婚しておらず彼女もいない草食系の同僚には
「服にさ、「ぼくは〇〇という仕事です。」て書いて、その下に自分のLINEのQRコードを印刷しとけば?絶対に女性は何人か寄ってくるから。」と言っているそうだ。


その話を笑いながら聞いていた私、カシは隠れ肉食系であることに気がついた。
1回しかデートをしたことがない女性に「俺ら付き合おっか」と言ったこともあるらしい。
見た目はさわやかで優しく昭和の色男的な感じがするのに、付き合うとすごく強引なところがある。


カシと私は3回目のデートでキスをした。
その時、カシは私にメールをくれて「今日は付き合い記念日だよね?」と念を押した。
カシはきっと見抜いていたのだ、私が研究者の男に未練があること。
その後、研究者の男とごたごたすると必ずカシは「俺ら付き合ってるんだよね?」と言って、私に念を押した。
カシはそうやって研究者の男に引き寄せられそうになる私を必ず引き戻す。


ふらふらした私にはカシはぴったりだが、別れることになったら大変だなぁなんて思っている。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。