不倫の孔に堕ちました

ひょんなことから不倫の孔に落ちた私。 それから抜け出せなくなりました。 今はひとりの人と長く付き合ってます。

私は不倫の孔に堕ちました。
堕ちてから孔から抜け出せなくなりました。
不倫の孔は幸せの孔なのか、地獄の孔なのか、、、。

第3の男はまめ男

第3の男、クマさん。

彼は本当にマメ男である。

朝におはようのライン、昼に昼食の写真、夜におやすみのラインと、本当にたくさんのラインを送ってきて私を驚かせた。


(これだけマメだったら、仕事で成功するのもわかる気がする、、、。)


そう思いながら、クマさんのラインに簡単な返事をした。

クマさんが5送ってくるのに対して私は1の返信である。


あまりにもクマさんのラインが多いため、カシからのラインが少なく感じてしまう。


(まあ、いっか、、、。最近、私、スネ吉だし、、、、。)


そんな時、珍しく(?)カシからラインがきた。私が次の日に試験を受けなければいけないことを知っていて、応援メールをくれたのだ。


ーーーーーー

カシ「ミィ、明日の試験頑張って。」


ミィ「ありがとう。カシが土日にラインくれるなんて珍しいね。外に出てるからラインくれたのかな?」


カシ「たまに土日ラインしてるよー!!」


カシ「先週は公園行く約束したでしょう!」


( あっ、そういうこともあったっけ???)


(クマさんのラインの量と思わず比較してしまって、、、、)


ーーーーーー


そう、、、カシと私はなんとなくうまくいっていない。

何をお互い掛け違えているのかわからないけれど、話が噛み合わない。


私がカシにラブラブモードの時はカシはなんとなく白けたムードで、カシが私にラブラブモードの時は、私がスネ吉でうまくその気持ちを受け取ることができない。


こういう時はどうしたらいいのか。


騒がず慌てず静かに事の成り行きを見守ること。

そして連絡は最小限にすること、、、この2つ。


これで解消しなければ、最悪の事態も想定するつもりだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。