不倫の孔に堕ちました

ひょんなことから不倫の孔に落ちた私。 それから抜け出せなくなりました。 今はひとりの人と長く付き合ってます。

私は不倫の孔に堕ちました。
堕ちてから孔から抜け出せなくなりました。
不倫の孔は幸せの孔なのか、地獄の孔なのか、、、。

カシの浮気未遂があってメンタル落ちてました

※コメントをいただいていたのに返信ができなくて申し訳ありませんでした。
必ずコメント返していきます。
ーーーーーー
京都旅行から帰ってきてすぐにカシの3ヶ月程度前からの浮気未遂が発覚して、私とカシの関係は最大の危機となった。


不倫の関係で浮気だとかヤキモチだとか、そもそもお前達が浮気だろうという声もちらほら聞こえるが、婚外恋愛している者同士はいたって本気で。


カシの浮気未遂を発見した私、すぐにカシには言えなかった。
どうしたらいいのかわからず何日間か辛い気持ちで過ごした。


ただ私の態度がおかしいことは、カシは薄々気がついているようだった。
カシは私がカシの浮気未遂に気がついたこと、そしてカシと別れようと思っていることに気がついているようだった。


仕事が忙しく京都旅行の宿泊先さえも1週間前じゃないと決まらなかったカシが、12月に予定している二人の旅行の旅館をもうすでにおさえて、仕事が忙しくて直前じゃないと決まらなったデートの予定をカシが1か月先まで決めてきた時、カシは私と別れたくないのかな、、、と暗い気持ちでなんとなく思った。


ミィ「どうして、そんな旅館まで決めてくれるの?」
カシ「・・・ミィと花火見たかったから・・・。」


ミィ「なんで9月はそんなに会ってくれるの・・・?10月まで忙しいって言ってたじゃない。」
カシ「・・・ミィと行きたい予定がたまたま集中しただけだ。」


浮気未遂を発見しながら言わない私と、ばれてしまったことに気がつきながら言わないカシ。


電話口で、口数が少なく笑わなくなった私と、いつもと違って饒舌に話すカシ。


カシと私の間の耐えきれない空気感にどうしたらいいかわからなくなって、私は相談役に元カレを選んだ。
相談役に元カレを選んだこと、それは今思えば、カシへの当てつけがあったのだろう。
カシだって女の子と楽しくやっているのだから、私だって元カレと連絡をとるくらい全く構わないだろうと。
そしてさらに元カレが私に気持ちが残っていることを知っていたからかもしれない。


元カレを巻き込んだ私はトラブルメーカーだ。


その後、本当にややこしい関係ができあがってしまうのである。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。