不倫の孔に堕ちました

ひょんなことから不倫の孔に落ちた私。 それから抜け出せなくなりました。 今はひとりの人と長く付き合ってます。

私は不倫の孔に堕ちました。
堕ちてから孔から抜け出せなくなりました。
不倫の孔は幸せの孔なのか、地獄の孔なのか、、、。

鎮火はなかなか難しい

私は、相談していた研究者の元彼、研ちゃんに、カシと仲直りしたことをラインで報告した。


ーーーー

ミィ「カシのこと許してあげたの。100回の罰を与えたけどね(笑)またカシと続けてみようと思ってる。」


研ちゃん「えっ?」


研ちゃん「ミィ、騙されてんじゃね?」


ミィ「・・・まあ、そうかもしれないけどね(笑)・・・研ちゃん、色々と相談に乗ってくれてありがとう。研ちゃんにしかこんなこと相談できなかったわ。本当に助かりました。」


研ちゃん「・・・。」


研ちゃん「カシ君の話をミィから聞いてさ、俺がなんでミィに振られたのかよく理解できたわ。」


研ちゃん「俺の後にミィがカシ君を選んだ理由もわかったし、、、、恋愛は奥が深い・・・。」


研ちゃん「それに俺さ、嫉妬した・・・。」


研ちゃん「この歳で嫉妬はエグいなー。スゲー昔に味わった気がする。今、目の前のモニター割りてぇ。」


研ちゃん「・・・お前は俺にしか助けてあげられないと思うけど?」


ミィ「・・・。」


ーーーー


ええ、ええ、そうですよね、、、。

焼けぼっくいにチャッカマンを近づけたのは何を隠そう私ですよ、、、。


トラブルメーカーは私です、はい。


それなのに彼氏と仲直りしたら、慌てて雑に火を消そうとしてごめんなさい。


ええ、ええ、わかってます、、、。


許したものの信用しきれないカシと、急浮上した元彼研ちゃん。

そして、最近影が薄いがしつこいクマさん。


私は結局誰を選ぶんだろうか。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。