不倫の孔に堕ちました

ひょんなことから不倫の孔に落ちた私。 それから抜け出せなくなりました。 今はひとりの人と長く付き合ってます。

私は不倫の孔に堕ちました。
堕ちてから孔から抜け出せなくなりました。
不倫の孔は幸せの孔なのか、地獄の孔なのか、、、。

元彼とのキス

私は元彼と会うことにした。1年ぶりである。


なぜ元彼に会うことにしたのだろう。

自分でもわからない。

しつこく会いたい会いたいと言われたこともあるが、自分の気持ちを確かめたかったのかもしれない。


元彼は私をひと目見てこう言った。


元彼「やっぱりミィは本当に綺麗だな。全然衰えてない。」

元彼「それよりも昔より色気が増してる、、、。肌艶が、、、。カシのおかげ?」


そう言って笑った元彼を見つめて「そんなこと、、、。」と恥ずかしがりながら

(ずっとヨガに通って、アンチエイジングに頑張った甲斐があった、、、。)

と心の中で喜んだ。


会う場所にカラオケを指定した元彼の思惑通り、元彼と私の距離は近かった。

「もう少し離れてよ(笑)」という私と、おどけて離れたり近づいたりする元彼。


気がつくと元彼とキスをしていた。

元彼は最後にこう言った。


「カシと付き合っているミィとは俺は付き合えないから。嫉妬もひどいし、、、ミィを独占したい。」


私はカシと別れられるのか。


研究者の元彼、知識が豊富で、頭の回転が早く、一緒に散歩するだけで色々な自然の不思議を教えてくれる魅力的な男。


ただ、私はカシが本当に好き。


カシが隣にいる時の空気感が好きで、私を温かく包み込む優しい眼差しが好きで、カシが幸せそうに食べる姿を見るのも好き。


絶対にカシとは別れられない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。